[Udemy]Web開発入門完全攻略コースの紹介

プログラミング

こんにちは、フレッシュマンSRです。

今日はUdemyのWeb開発入門完全攻略コースの紹介をします。

Web開発入門完全攻略コースとは

Web開発入門完全攻略コース

正式名称は「Web開発入門完全攻略コース – プログラミングをはじめて学び創れる人へ!未経験から現場で使える開発スキルを習得!」です。

講師は現役ITエンジニア兼プログラミング講師の中村祐太氏です。

学習内容

HTML/CSS

Webサイト制作に必要不可欠であるHTMLとCSSについては、本当に基本的なことからしっかりと教えてくれるので、HTMLを全く知らないという人でも大丈夫です。

演習課題も豊富にあるので、基礎的な力を身につけるには最適です。

最後は実践として、以下のような架空のカフェのWebサイトを作成します。

CSS Cafe

BootStrap

基本的なWebサイトが作れるようになった後は、Twitter社が開発したWebフレームワークであるBootstrapを用いたWebサイトを学びます。

Bootstrapを導入する最大のメリットは、レスポンシブ対応のWebサイト(1つのWebサイトで PC、スマートフォン、タブレットなどに対応できる)を簡単に作成することができることです。

これも実践形式で、フォトギャラリーのサイトを作成しながら学習していきます。

Bootstrap

JavaScript

HTML及びCSSの学習が終わった後は、プログラミング言語のJavaScriptを学習します。

JavaScriptはテキストエディタとブラウザさえあれば書けるので、環境が整っていなくても勉強しやすい言語です。

基本から時間をかけて丁寧に説明してくれる上に、演習課題もあるので、基礎的な力を身につけることができます。

AWS Cloud9

今後の学習に必要となるAmazon Web Services(AWS)の環境構築について学習します。

アカウントの取得方法も丁寧に解説してくれるので、AWSを知らなかった僕でも問題なくアカウントを取得できました。

Cloud9の料金は最初の1年間は無料、以降は月額制で料金が発生しますが、よほどヘビーに使わない限りは月1~2ドル程度ですみます。

Ruby

AWS Cloud9でRubyの学習を行います。

JavaScript等の他の言語とは書き方が異なり、戸惑う点も多いのですが、3時間近い動画と豊富な演習があるので、時間をかければ基礎は理解できます。

My SQL

MySQLを用いて、データベースの基本的操作を学習します。

Ruby on Rails

実際にWebアプリケーションを使いながら、WebフレームワークのRuby on Railsを学習します。

Git/Github

ソフトウェア開発においてソースコードのバージョン管理に用いるGitの使い方を学習します。基本はAWS Cloud9上での学習となり、後半からは無料のGithubアカウントを作成したうえで、フローの模擬体験を行います。

学習時間

内容は基礎ですが、上であげた通り幅広い技術を18.5時間の動画で学びます。

学習にかける時間はプログラミング経験者で30時間程度、プログラミングの経験がない人は理解に時間がかかると思うので、40~60時間程度は必要になると思います。

また、1回学んで終わりではなく、繰り返し学習することでより理解が深まります。

僕も苦手なSQLやGitについては理解できていないので、改めて復習するつもりです。

まとめ

この動画を学習しただけでは、Webエンジニアになれるほどの技術力は身につかないと思いますが、現在のWebアプリケーション開発に必要な技術をバランスよく、分かりやすく学ぶことができるため、Webエンジニアに興味がある人、Webアプリケーションを開発したい人の最初のステップとしてはオススメできます。

本来は24,000円するこのコースですが、Udemyでは頻繁に割引セールが開催されており、セール中はなんと94%オフの1,400円で購入することができます。

非常にお得なセールなので、必ずセール期間中に購入しましょう。

Web開発入門完全攻略コース – プログラミングをはじめて学び創れる人へ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました