引っ越し、無事完了しました。

その他

こんにちは、フレッシュマンSRです。

1週間前に引っ越しが無事に終わり、ネットも含めて不自由なく生活できるようになりました。

今回は、引っ越しで気づいた点とかを簡単にまとめてみます。

すぐに普段通りの生活が送れるようになった

引っ越しをしてまだ1週間ですが、すでに慣れて、前の家で過ごすように過ごせるようになっています。

大きな要点としては次の3つ。

その日のうちにテレビとネットが使えるようになった

これが大きいです。

引っ越しは午前のうちに終わり、新居でケーブルをつなぐだけでテレビもネットも使えるようになりました。

便利な時代です。

引っ越し先が近場

前の家も、今住んでいる家も、同じ名古屋市内です。

同じ市内の引っ越しということで、比較的勝手が分かっているので、引っ越し後も交通機関などで戸惑うことはありませんでした。

また、新居のマンションも母と共に下見に訪れていたので、事前に近くの様子も調べておくことができました。

不要なものを整理した

引っ越しにあたって、たくさんの不用品を処分しました。

古いパソコン、もう遊ばないゲーム機、ほこりをかぶっていた本数百冊、小学生時代のノートや図工で作った作品etc……挙げればきりがありません。

もう絶対使わないとわかっているのに、なかなか捨てられない。

そんなものが家のスペースを占領しているということに気づかされました。

持っていく物の数を絞り、引っ越しから3日ほどで僕の部屋のダンボールは全て開き、母も普段使っている食器や食品を一通り揃えていました。

初期不良への対応

僕の部屋のエアコンの室外機の調子が悪いことに、母が気づき、すぐに業者の人にチェックしてもらいました。

おかげで、もう問題なく使えるようになっています。

これから本格的に暑くなったときにエアコンが使えないと地獄なので、早めに対応してもらえたことはよかったと思っています。

また、マンションの部屋の鍵も、母が防犯上の理由で新しい鍵に取り換えてもらったそうです。

これらの問題が1週間以内に片付いたのは有り難いですね。

母に感謝。

部屋の配置ががらりと変わった

前の部屋では10年ほど、ベッドや机の配置を変えることがありませんでした。

しかし、今回部屋が前の家の部屋よりも狭くなったため、必然的に家具の配置が変わりました。

大きいのは机周りです。

いらないものでいっぱいだったのが、これを機に大分片付いた感じですね。

7月になったら、デスクトップパソコンを買いたいと思っているので、それに備えてパソコン筐体とモニタを置く場所を確保しました。

まとめ

引っ越しがスムーズに終わったのは、母と引っ越し業者さんの功績が大きいです。

皆に感謝をすると同時に、僕もいつかは一人暮らしをしたいと思っているので、引っ越しの妨げにならないように普段から不要なものをため込まないよう意識していきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました