名古屋市地下鉄も市バスも無料で乗れる、福祉乗車券のすすめ

ライフハック

こんにちは、フレッシュマンSRです。

今回、名古屋市の福祉特別乗車券を取得したので、それの紹介をします。

福祉特別乗車券とは

福祉特別乗車券は、名古屋市住民で、身体障害者手帳、愛護手帳、 精神障害者保健福祉手帳のいずれかを所持している人なら、 交付を受けることができます。

また、2018年11月からは、 特定医療費受給者証(指定難病)所持者のうち、日常生活が著しい制限を受けると医師に証明され、福祉医療費助成制度(障害者医療・福祉給付金)の受給をしている方も交付の対象となるようです。

福祉特別乗車券はmanacaと同じICカードで交付され、manacaと同じように改札にかざすことで乗車でき、チャージすることで電子マネーとして使えます。

福祉特別乗車券では、以下の乗車区間なら無料で乗車可能です。

  • 名古屋市地下鉄
  • 名古屋市市バス
  • ゆとり―とライン
  • あおなみ線

ただし、名鉄やJRは通常の乗車料金がかかるので注意が必要です。

福祉特別乗車券ご利用案内|名古屋市交通局

交付の流れ

交付を受けるには、特定の窓口で手続きをする必要があります。

身体障害者・知的障害者は、区役所(支所区民)福祉課福祉係、

精神障害者は、保健所保健予防課が交付窓口になります。

必要なのは障害者手帳、印鑑です。

料金は不要です。

手続き自体はすぐ終わりますが、福祉特別乗車券の発行には時間がかかる場合があります。僕もそのパターンで、福祉特別乗車券が発行されるまでのつなぎとして、臨時乗車券を受け取りました。

臨時乗車券は、以下のような特徴があります。

  • 福祉特別乗車券と同じ乗車区間ならば、無料で乗車できる
  • 紙ベースで、バスの運転手もしくは改札の駅員に見せる必要がある
  • 福祉特別乗車券を受け取るときに窓口に返却する
  • 有効期限がある(福祉特別乗車券発行から1週間程度)

もし臨時乗車券を受け取ったら、福祉特別乗車券が発行される日になったら早めに窓口に行き、福祉特別乗車券を受け取るようにしましょう。

公共交通料金の減免|ウェルネットなごや

コメント

タイトルとURLをコピーしました