基本情報技術者試験の勉強と誘惑

情報処理技術者試験

こんにちは、Webエンジニアになることを夢見るフレッシュマンSRです。

ITエンジニアにとっては登竜門ともいわれる資格、基本情報技術者試験

令和元年秋季の試験は2019年10月20日に行われる予定で、僕も受験を申し込みました。

この記事では、僕がやっている勉強内容と、現状について書いていきます。

勉強内容

基本的に午前問題は、まず教本を読んで、基礎知識を身に付けました。

この本がイラストが多く、分かりやすいのでおすすめです。

あとは、実際に午前の過去問を解き、分からなかった問題は解説を読んだ後で、もう一回解くということを繰り返しました。

午前問題は過去問からの流用が多いので、過去問をちゃんと解けるようにしておくことが望ましいです。

おすすめはこの「基本技術者試験ドットコム」。

このサイトの「過去問道場」では、すべての年度の午前問題をランダムで出題してくれます。

ワンクリックで回答できるうえに、解説もしっかりしているので重宝します。

過去問道場を繰り返し行うことで、過去問でも、午前問題では8割はとることができるようになりました。

次は午後の対策。

重要なのは読解力をつけること。

過去問を使い、なるべく本番の試験に近い条件で問題を解くことで、文章問題に慣れていきます。

今まで過去問を6回分ほど通して解き、すべて合格点を解くことができました。

そして、間違えた問題はピックアップして、必ずもう一回解くようにしました

これを繰り返すことで、自分の解くことができる問題を確実に増やしていったのです。

試験前の誘惑の数々

試験まであと3週間。

本来ならば、ここで最後の追い込み勉強に入るところなのですが。

2周年を迎えたアプリ「アズールレーン」。 新規イベントが開催されており、どうしてもプレイしてしまいます。

そして10月からはアニメも始まります。

dアニメストアでWEB最速配信をしてくれるそうなので、それもチェックしなくては……

さらに。

スマホ版マリオカート「マリオカートツアー」もリリース。

初日にダウンロードし、空き時間にプレイしています。

極めつけは。

Switch版ドラクエ11発売。

初日に購入し、体験版のデータを引き継いで、グロッタの町の仮面武闘会で優勝するところまで進めました。

なまじ、過去問で合格点をとれている以上、どうしても油断してしまいます。

明日からは、きちんと勉強をしたうえで、ゲームは息抜きとしてやるようにします。

(結局ゲームはやる)

コメント

タイトルとURLをコピーしました