[祝]Amazonアソシエイト審査通過!-Rinkerの謎-

ブログ運営

こんにちは、フレッシュマンSRです。

ブログを始めて5ヶ月、ついにAmazonアソシエイト・プログラムの審査に合格しました!

これでブログにAmazonの広告を貼ることができるようになりました。

今回は、広告の貼り方がどのように変化したかと、戸惑った点について書いていきます。

プラグインで商品リンク管理

僕がAmazonアソシエイトへの参加をしたかったのは、Amazonの広告を貼りたかったというのはもちろんですが、もう一つの理由が、WordPressの商品リンク管理プラグイン「Rinker」を使いたかったからです。

今までアフィリエイトのリンクを貼っていたときは、こんな感じで貼っていました。

楽天の公式サイトから画像を持ってくる → A8.netでアフィリエイトリンクを作って貼る

こんなことを全部手動でやっていました。 我ながらこれはヒドイ。

しかし、今はRinkerが使えます。

Rinker要素の「商品リンク追加」から、作成したリンクを選ぶだけです。

一度リンクを作ってしまえば、あっというまに記事にリンクを貼れるのです。

このように、RinkerはWordPressでアフィリエイトブログをやるなら必須と言っていいほど便利なプラグインです。

しかし、ここでも初心者を苦しめる問題が待っていました。

PA-API問題と新バージョン

晴れてアソシエイトの審査に通過し、Rinkerの設定も完了。

商品リンク追加画面から、「Amazonから商品検索」をしようとするとー

【エラー】リクエスト回数が多すぎます。RequestThrottled

何度やってもこうなって、一向に商品検索ができない。

慌ててネットで調べたところ、AmazonのPA-APIの仕様変更によるものだそうです。

30日間売り上げが発生しないと、PA-APIが利用できなくなる。

PA-APIが使えなければ、商品検索は使えません。 まさに初心者殺しの設定です。

しかし、それでもRinkerでリンクを作ることは可能です。

以下のサイトを参考に、なんとか楽天側のAPIを使うことで上記のようなリンクを作ることができました。

Rinkerの「リクエスト回数が多すぎます」に対処する[PA-API]

それでも、いちいちAmazon商品ページからリンクを生成して貼り付けるのは面倒だなと思ってなんとなくダメ元で「Amazonから商品検索」をやってみました。

できてしまった。

作成したリンクもバッチリ使えます。

まさか売り上げが発生したのかとも思いましたが、初めてRinkerの商品リンクを記事に張り付けた日の夜にはもう使えるようになっていました。

そもそも、まだコンバージョン率は0%です。

ならば、なぜ使えるようになったのか調べてみました。

すると、AmazonのPA-APIがv4からv5へとバージョンアップしたことを知りました。

2019/9/9になった発表された新しい情報で、まだRinker作者の対応等も不明ですが、アソシエイト公式サイトには、

「PA-API v5への移行を2019年11月30日までに実施しなかった場合、現在のPA-APIはご利用をいただけなくなります。」

とあります。

なぜ売り上げゼロなのに商品検索ができたのかはまだ不明ですが、個人的にはこのAPIのバージョンアップが原因なのかなと考えています。

そして11月末までには、PA-API v5に移行しなければいけなくなるようなので、今後も情報を集めていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました