アフィリエイト初心者はまず『もしも』に登録すべきだと思う

ブログ運営

こんにちは、アフィリエイト初心者のフレッシュマンSRです。

先日、バリューコマースに登録し、YahooショッピングのリンクをRinkerで作れるようになりました。

ブログを始めて半年弱、ようやく主要通販サイトの商品リンクすべてに対応することができたわけですが、初めはもしもアフィリエイトに登録すべきだったなと思うようになりました。

今回は、なぜアフィリエイト初心者が最初にもしもアフィリエイトに登録すべきか、僕の感じたことを元に書いていこうと思います。

バリューコマースに登録した理由

僕がバリューコマースに登録した理由は、上でも挙げたように、YahooショッピングのリンクをRinkerで作れるようにするためです。

実は、Yahooショッピングのリンクを作るだけなら、もしもアフィリエイトでもできます。

しかし、報酬額が違います。

  • もしもアフィリエイト: 0.77 %
  • バリューコマース: 1 %

同じリンクでも、バリューコマースを使ったほうがオトクなのです。

『もしも』が初心者向けな理由

僕がもしもアフィリエイトが初心者向きだと感じたのは、以下の点が大きいです。

  • 承認が早く、メールで知らせてくれる
  • Rinkerに対応している
  • 案件が絞られている

承認が早く、メールで知らせてくれる

まず一つ目ですが、もしもの承認はスピーディです。

「審査なし」のものは「提携審査する」のボタンを押せば、すぐに広告リンクを作成可能になります。

本登録時のサイト審査もすぐ終わりました

バリューコマースは、審査結果をメールで5営業日程度後に知らせてくれるそうですが、登録から二週間たった今でも、審査結果が来ていません。

もうすぐ審査結果が来るとは思いますが、それでも、すぐに提携承認されるもしものほうが、初心者には安心感があると思います。

Rinkerに対応している

そして二つ目。 本当にRinkerは便利です。

アフィリエイトリンクを一つ一つ作っていくのは本当に面倒くさいので、初心者こそRinkerや「カエレバ」のようなリンク作成ツールを作ったほうが絶対にいいです

そして、楽天を初め、AmazonやYahooショッピングでも、もしもが使えるので、まず始めはもしもに登録してから、Amazonアソシエイト、バリューコマースに登録するのがおススメです。

案件が絞られている

そして最後の一つ、案件が絞られているというのは、多くのサイトでおススメとされるA8.netと比べて、もしもアフィリエイトの案件は少ないということです。

一見、デメリットしかないように見えますが、初心者にとってはデメリットではなく、むしろメリットだと思っています。

案件が多いと、逆に自分が貼りたい案件を見つけにくくなります。

そもそも、初心者がまず覚えることは、Amazonと楽天市場の広告の貼り方です。

まずは、もしもに登録してアフィリエイトに慣れ、その後で足りない案件を補うためにA8.netに登録する。

僕はその方が効率的にアフィリエイトに慣れることができると思います。

まとめ

結論を言うと、アフィリエイト初心者が最初にすべきことは、

『もしもアフィリエイト』に登録し、Rinker等のリンク作成ツールを使えるようにする

これをまず第一に行い、アフィリエイト広告作りに慣れることが最初の一歩だと、僕は思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました